料理に関する質問、自慢料理のアイディアのほか身の回りのできごとなど

●コロナ禍で 料理が趣味に

 新型コロナウイルスの影響でテレワークが始まって早1年。それまでは仕事に忙殺され料理をする時間も体力的な余裕もありませんでしたが、テレワークを機に少し時間ができたおかげでお菓子作りをするようになりました。 インスタグラムで好きな料理研究家をフォローしたり、レシピ本を買い集めたりして、いつのまにかお菓子作りが趣味に。最近は苦手意識があったごはん作りもだんだんと楽しめるようになってきました。時間ができたことで、自分がこんなにお料理やお菓子作りに時間をさくようになるとは思ってもみなかったので、自分自身がいちばん驚いています。

(東京都 S)

ちょっと聞いて

●青じその葉を大量消費したい!!

Q青じその葉をご近所から大量にもらうのですが、刺身、冷ややっこの薬味以外思いつきません。大量に消費できるレシピを教えてください。 (埼玉県 T)

青じその葉は炒めものの仕上げにせん切りやざく切りにして加えたり、短くせん切りにしてチャーハンに加えたりもします。ゆでたパスタをバターかオリーブ油であえて、刻んだ青じその葉をたっぷり加えてもおいしいですよ。キムチにするのもおすすめです。レシピをご 紹介します。
●青じその葉のキムチ(作りやすい分量)
❶青じその葉30枚は洗ってよく水気をきる。❷ボウルにしょうゆ大さじ1強、韓国産粉唐辛子、砂糖、ごま油各小さじ1、おろしにんにく小さじ½、ねぎ(みじん切り)小さじ1を入れてよく混ぜ合わせる。❸①を2枚ずつ表側を重ね合わせ、片面に②を塗り、タレのついたほうを下にして清潔な密閉容器に入れる。これをくり返して重ねていき、いちばん上の青じその葉にピッタリと落としラップをして、小皿などをのせて冷蔵庫におく。
 すぐに食べられますが、2~3日おいたほうが、味がなじみます。冷蔵庫で2~3週間は保存可能です。温かいご飯に青じその葉のキムチをのせ、韓国のりをかぶせて巻いて食べるとおいしいですよ。
(回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問

●手作りの発酵食品

 発酵食品が大好きなわが家は、毎年みそやヨーグルト、納豆を手作りしています。
 先月は塩麹作りにも挑戦。日光のあたる場所に持って行ったり、夜はポリ袋に入れてエアコンの風があたる暖かい場所に移動させたり、大事に育てました。塩のかどもとれて、甘くておいしい塩麹ができました。

(福井県 I)

ちょっと聞いて

*今月掲載分の一部を紹介しています

投稿はこちらから!


ちょっと聞いて
料理についての質問
うちの自慢料理

投稿ページはこちら

「うちおべんとう」
「在宅ランチ」

通勤・通学・通園べんとう、
在宅ランチの写真を
コメントと一緒にご応募ください。

ご応募はこちら

わが家の○○事情
9月号のテーマは

『わが家の防災対策』

9月1日は『防災の日』。
今話題のローリングストックなど、
あなたの防災対策を教えてください。

9月号のお便りの〆切は2021年6月末日です。

投稿ページはこちら
本誌掲載分にはクオカード 1,000円分(「うちのおべんとう」は500円分)差し上げます。
『おあじはいかが』のホームページ内における文章及び写真画像、画像の無断転載、使用を禁じます。

ページのトップへ戻る