料理に関する質問、自慢料理のアイディアのほか身の回りのできごとなど

●母のつけ足しに納得

わが家の健康生活の合言葉は「手洗い、うがい、クウネルダス」です。クウネルダスはそのまま食べて寝て出すことですが、健康生活の秘訣がつまっていると思い、実家の母にも伝えたところ…ひとつおまけがついてきました! それは「笑う」です。91歳になる母には恐れ入りました! 以後「クウネルダスショウ」とわが家で唱えることにしました。

(千葉県 M)

ちょっと聞いて

●育てたバジルの使い途を

Qパスタが好きなので毎年バジルを育てていますが、とても使いきれません。パスタ以外のレシピを教えてください。 (富山県 N)

自宅で育てたバジルでパスタ、いいですね~。わが家も育てていますが、うまく育つとびっくりするほどできますよね。サラダやスムージーにするほかは、ほとんどバジルペーストに加工しています。冷凍保存できるので便利です。レシピをお伝えしましょう。
●バジルペースト(作りやすい分量)
フードプロセッサーに、バジルの葉50g、にんにく3g、パルメザンチーズ30g、松の実またはローストしたカシューナッツ30g、塩3g、オリーブ油½ カップを入れてなめらかになるまで撹拌する。冷蔵庫で保存するときは、清潔なあきびんに入れ、表面をおおうようにオリーブ油を注ぎます。冷凍するときは、1回分ずつラップにのせて平らに包み、保存用ポリ袋に入れて冷凍します。レンジ加熱したじゃがいもをあえたり、ミニトマトに詰めたり、ホワイトソースとトマトソースと合わせてラザニアにしたり。魚のソテーにかけてもいいですね。パンに塗ってチーズをのせて焼いてもおいしいですし、熱いご飯に混ぜるのも美味。冷凍保存で長く楽しんでください。
(回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問

●野菜炒めをおいしく作るには

Q野菜炒めを作るときに水が出てベチャベチャになってしまいます。飲食店のようにシャキッと炒めるには、どうしたらよいでしょうか。 (千葉県 I)

おいしい野菜炒めを作るポイントはいくつかあります。まずは野菜の水気をよくきること。炒めるときに混ぜすぎないこと。混ぜるときは2つのへらを使い、両側からすくい上げるようにしましょう。屋台の焼きそばをイメージしてください。肉と炒めるなら、酒などをもみこんで下味をつけた肉にかたくり粉をまぶして、油をかけてほぐしながら炒めます。野菜から出た水分を肉にまぶしたかたくり粉が吸ってくれます。肉を入れないときは、調味料に少しかたくり粉を混ぜて加えるのもいいですよ。
また、炒める前によく水をきった野菜を大きめのポリ袋に入れ、油を加えてまぶし、野菜をコーティングしておくと水気が出にくくなります。
(回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問

*今月掲載分の一部を紹介しています

投稿はこちらから!


ちょっと聞いて
料理についての質問
うちの自慢料理

投稿ページはこちら

「うちおべんとう」
「在宅ランチ」

通勤・通学・通園べんとう、
在宅ランチの写真を
コメントと一緒にご応募ください。

ご応募はこちら

わが家の○○事情
11月号のテーマは

『わが家のワインのおとも』

今年のボジョレー・ヌーヴォー解禁日
は11月18日です。ワインにぴったりの
おすすめおつまみを教えてください。

11月号のお便りの〆切は2021年8月末日です。

投稿ページはこちら
本誌掲載分にはクオカード 1,000円分(「うちのおべんとう」は500円分)差し上げます。
『おあじはいかが』のホームページ内における文章及び写真画像、画像の無断転載、使用を禁じます。

ページのトップへ戻る