料理に関する質問、自慢料理のアイディアのほか身の回りのできごとなど

●わが家のエコ料理

わが家の自慢料理は「なんでもカレー」です。白菜やキャベツの芯と外葉、ブロッコリーの芯、シナシナのきゅうりなど、余りものの食材をすべて入れてカレーにします。食材を捨てずに食べられることが何よりの自慢と喜びです。環境によいことを、少しずつ実践していきましょう!

(京都府 K)

うちの自慢料理

●なすの使い途

Q自宅の畑でなすがたくさんとれます。食べ方を教えてください。 (埼玉県 N)

わが家も自宅で夫がなすを作っていますよ。焼いてよし煮てよし、揚げても炒めても蒸してもおいしく、調理法もさまざまです。
定番は麻婆なす、焼きなす、 天ぷら、漬けものですが、わが家では鍋しぎをよく作ります。鍋しぎは、なすを油で焼いて甘みそをかけた料理です。なすは油をよく吸うので、炒めものは油の分量が多くなりがちですが、炒める前になすに油をまぶしておくと、とりすぎを防げます。ほかにもミートグラタンや、肉だねをはさんだフライ、レンジ蒸しもおすすめですよ。
(回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問

●夏にぴったりのつくだ煮

わが家は今の季節、庭でとれた青じその葉でつくだ煮を作ります。せん切りにした青じその葉を油でカリカリになるまで炒め、じゃこ、砕いたくるみ、いり白ごま、削りかつおを加えます。味つけに砂糖とみそ、少しのお酒をからめて完成です。
おべんとうのおかずや白いご飯のおともにピッタリ。チーズとの相性もよく、油揚げにこのつくだ煮とチーズをのせて焼いてもおいしいですよ。

(長野県 K)

うちの自慢料理

*今月掲載分の一部を紹介しています

投稿はこちらから!


ちょっと聞いて
料理についての質問
うちの自慢料理

投稿ページはこちら

「うちおべんとう」
「在宅ランチ」

通勤・通学・通園べんとう、
在宅ランチの写真を
コメントと一緒にご応募ください。

ご応募はこちら

わが家の○○事情
11月号のテーマは

『わが家の七五三の思い出』

七五三は子どもの健やかな成長を願う
行事で、その祝い方もさまざま。思い出に残るエピソードを教えてください。

11月号のお便りの〆切は2022年8月末日です。

投稿ページはこちら
本誌掲載分にはクオカード 1,000円分(「うちのおべんとう」は500円分)差し上げます。
『おあじはいかが』のホームページ内における文章及び写真画像、画像の無断転載、使用を禁じます。

ページのトップへ戻る