料理に関する質問、自慢料理のアイディアのほか身の回りのできごとなど

●基本のオムレツ

Q誰もができる簡単な料理のようですが、オムレツって難しいですよね。フワッ、トロ~ッとした半熟状にできません。コツが知りたいです!(千葉県 白井由美子)

 卵が少ないと、柔らかくトロリとはいきません。上手にオムレツを焼くには、1人分につき2個の卵が必要です。ホテルの朝食などでは1人分3個の卵が使われるほどです。
 基本のオムレツは全卵に、生クリームまたは牛乳、塩とこしょうを加えますが、私は牛乳などの代わりにマヨネーズを1人分につき大さじ1足します。マヨネーズのおかげで、ふんわりと柔らかく仕上がるのです。卵液は焼く直前に混ぜ合わせましょう。
 フライパンを熱してバターを加え、卵液を一気に流し入れます。使用するフライパンのサイズは、1人分を作るときは20㎝程度のものがよいでしょう。縁が固まり始めたら、フライパンを前後に揺すり、菜箸で大きく外側から混ぜて半熟状に火を通します。最後に奥に寄せて形を整えて、器に盛ります。 (回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問

●ちりも積もれば大金となる!?

 私は、「ちょっとうれしかった・よかった貯金」をしています。普段の生活で自分の行動をほめてもらえたり、買い物の帰り道、ふと見上げた空に虹がかかっていたり、応募していた懸賞に当たったなど…。そんなとき、1円玉をチャリ~ンと貯金箱へ。もちろんその ときの気分で5円でも10円でもOK。
 貯金箱が満タンになったら一部をコンビニで募金して、残りは銀行に貯金しています!

(神奈川県 海老沢雪子)

ちょっと聞いて

●おからハンバーグをもっとおいしく

Qヘルシーなおからハンバーグを上手に作りたいのですが、バラバラになったりパサパサになったりしておいしくありません。何かコツがあれば教えてください。(兵庫県 奥田照代)

おからは水分を吸うので、パサパサになりがちです。パサつき防止には、おからの半量の牛乳で、おからを浸しておくのがポイント。おからの分量はひき肉の⅓ ~½量を目安に加えます。炒めた玉ねぎや卵も加えますが、ここにマヨネーズを適量加えると、さらにふんわり、しっとりしたおからハンバーグになりますよ。(回答/料理研究家・堀江ひろ子)

料理についての質問
投稿はこちらから!


ちょっと聞いて
料理についての質問
うちの自慢料理

投稿ページはこちら

「うちおべんとう」

通勤・通学・通園べんとう、
なんでもOK!
コメントと一緒にご応募ください。

ご応募はこちら

わが家の○○事情

『苦手食材克服
エピソード』
募集中!
(1月号掲載)

投稿ページはこちら
本誌掲載分にはクオカード 1,000円分(「うちのおべんとう」は500円分)差し上げます。
『おあじはいかが』のホームページ内における文章及び写真画像、画像の無断転載、使用を禁じます。

ページのトップへ戻る