さんまの炊きこみご飯

さんまの炊きこみご飯

秋の味覚の代表格、さんま×新米。
土鍋でふっくらと炊きこめば、とっておきのごちそうに!

主材料(4人分)

  • 2合
  • さんま
    2尾
  • A
    360ml
    A
    昆布(5~6cm角)
    1枚
    A
    大さじ2
    A
    小さじ1
  • 小ねぎ(小口切り)
    50g

作り方

  • 1

    米は洗い、ざるに上げて水気をきる。土鍋に入れてAの水を注ぎ、昆布を入れて30分ほど浸す。

    2

    さんまは水で洗って水気を拭き、長さを半分に切る。塩小さじ1を両面にふって5分ほどおき、水気を拭く。

    3

    魚焼きグリルを熱して2を並べ、強火で4~5分、表面に焼き目がつくまで焼く。

    4

    1の土鍋の昆布をとり出し、残りのAを加えて混ぜ、3を並べる。

    5

    ふたをして強めの中火にかけ、煮たってきたら火を弱めて15分ほど炊く。火を止め、10分ほど蒸らす。

    6

    さんまをとり出して頭、骨、尾をとり、粗くほぐして土鍋にもどし入れ、水でぬらしたしゃもじで全体を混ぜる。小ねぎを散らす。

    *炊飯器で作る場合は、作り方14まで同様に作って普通に炊き、同様にさんまをほぐして混ぜます。

*エネルギー・塩分は1人分の数値です。
*材料表に記した分量は、1カップ=20ml、1合=180ml、大さじ1=15ml、小さじ=5ml

『おあじはいかが』は書店では販売しておりません。お近くのスーパーでお配りしております。

『おあじはいかが』のホームページ内における文章及び写真画像、画像の無断転載、使用を禁じます。

ページのトップへ戻る