市瀬悦子のきたやさいでまとめ作り

夏の作りおきは“炒める”がキーワード。フライパンでパパッとできる作りおきメニューがおすすめです。暑さで食欲がなくなりがちなときには、ピリッとスパイシーな味つけにしたり、レモン風味でさっぱり仕上げるのがポイント。しっかり火を通し、しっかり味をつけることも大切です。一度にまとめて作ってきちんと食べて、夏を元気に乗りきってくださいね!!!

にんじんしりしり 和風カレー味

おなじみの沖縄料理をカレー風味にアレンジ。隠し味に麺つゆを使うと味がピシッとしまります。

夏にうれしい無限レシピ。
カレー粉&麺つゆが
にんじんの甘みを引き立てます。
主材料(作りやすい分量)
にんじん…3本
ツナ…大1缶
卵…3個
A マヨネーズ…大さじ1½
塩、こしょう…各少々
B 麺つゆ(3倍濃縮)…大さじ2
カレー粉…小さじ1½
塩…少々
作り方
1. にんじんはせん切りにする。
2. ツナは缶汁をきってざっとほぐす。
3. 卵は割りほぐしてAを混ぜる。
4. フライパンに油大さじ1/2を中火で熱して3を流し入れ、大きく混ぜながら半熟状に火を通してとり出す。
5. 4のフライパンに油大さじ1/2を足して中火にかけ、1を3〜4分炒める。にんじんがしんなりしたらBを加えて全体に混ぜ、2と、卵をもどし入れてさっと炒め合わせる。
ブロッコリーとチキンのタルタルあえ

ボリューム満点で主役も張れる一品。パンを添えれば、夏休みの昼ごはんにもぴったりです。

コクのあるタルタル味は
ブロッコリーと相性バツグン!
こんがりチキンを加えて満足感充実。
主材料(作りやすい分量)
ブロッコリー…1株
ミニトマト…8個
鶏もも肉…小2枚
ゆで卵…3個
A マヨネーズ…大さじ5
レモン汁…大さじ1
塩…小さじ1/2
こしょう…少々
塩 こしょう オリーブ油
作り方
1. ブロッコリーは小房に分け、茎は皮をむいて7〜8mm厚さの輪切りにする。熱湯で2分30秒ゆで、ざるに上げてさます。
2. ミニトマトはへたをとる。
3. 鶏肉は余分な脂を除いて筋を切り、塩とこしょう各少々をふる。フライパンにオリーブ油小さじ1を中火で熱し、皮を下にして入れる。3分焼きつけてこんがりしたら返し、ふたをして弱火で6分蒸し焼きにする。粗熱がとれたらひと口大に切る。
4. ゆで卵は粗く刻む。
5. ボウルにAを混ぜ合わせ、14をあえる。
ダブルトマトと大根のキーマカレー

トマトと、なんと大根をフィーチャー。
大根のテクスチャーが楽しくていい味出てるでしょ?

カレーに大根が驚きのマッチング!
2種のトマトでうまみたっぷり。
みそがおいしい隠し味です。
主材料(作りやすい分量)
トマト…小2個
ミニトマト…1/2パック(10個)
大根…大1/3本
玉ねぎ(みじん切り)…1個分
にんにく(みじん切り)…2片分
合びき肉…300g
カレー粉…大さじ2½
A 水…1/3カップ
洋風スープの素…小さじ2
トマトケチャップ…大さじ3
みそ…大さじ1
塩…少々
作り方
1. トマトは1〜1.5cm角に切る。
2. ミニトマトは縦半分に切る。
3. 大根は5mm厚さのいちょう切りにする。
4. フライパンに油大さじ1/2を強めの中火で熱し、3を入れて動かさずに2〜3分焼き、ところどころに焼き目がついたら玉ねぎとにんにくを加えて中火で炒め合わせる。玉ねぎがしんなりしたらひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったらカレー粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める。
5. 1を加えてトマトが薄いオレンジ色になるまで炒め、A2を加えて2分煮る。