しょうゆ
大豆を原料とするもろみを発酵、熟成させ、澄んだ液体に分離させた調味料です。
製造法や、地域性によっていろいろなしょうゆがあります。
(濃い口)しょうゆ
しょうゆといえば、普通これを指します。幅広い料理に使うことができ、魚のクセを消すなどにも効果を発揮します。
うす口しょうゆ
濃い口しょうゆと原料、製法とも同じですが、色が濃くつかないような処理がされています。そして、酒や甘酒が加えられています。
色が薄いので、素材の色をいかしたい料理や吸いものなどに使われます。
濃い口よりも、香りやコクは深いのですが、塩分が1%ほど高いので、色がうすいからと、使いすぎないようにします。
たまりしょうゆ
濃厚でトロリとした、独特の香りのあるしょうゆ。刺身のつけじょうゆや、つくだ煮などに使われていす。
白しょうゆ
たまりじょうゆと反対にごく色のうすいしょうゆ。しょうゆらしさには欠けますが、料理に色をつけたくない場合に便利です。
減塩しょうゆ
糖尿病など、塩分を控えなければならない人のためのしょうゆ。濃い口しょうゆが塩分15%なのに対して9%以下に押さえてありす。