ハンバーグ

子どもから大人まで人気のハンバーグ。おべんとうにも重宝です。
簡単そうだけど、焼き加減とかが結構むずかしかったりするものです。
教えてくださるのは、『おあじはいかが』でもおなじみの
堀江ひろ子先生です。さあ、レッツトライ!
4人分で紹介します
まず、お肉は牛・豚の合いびき肉を300グラム用意します。
赤身の多い上肉を使ったほうが、焼き縮みなく上手に焼けます。
牛と豚の比率は2対1〜3対1の割合で。
お店の人に頼んでひいてもらってもよいでしょう。
1. 玉ねぎ小1個はみじん切りにします。このとき、玉ねぎの切り方が粗いと、焼き割れしやすいので、細かく切ります。
2. 1を耐熱容器に入れてバターか油大さじ1を加え、電子レンジで4〜5分加熱する。もちろん、透き通るまでゆっくり炒めても結構です。
3. ボールにひき肉、2、生パン粉1カップ、卵1個、ウスターソースとしょうゆ各小さじ1、トマトケチャップ大さじ1、塩小さじ1、こしょうとナツメッグ各少々を入れて手で粘りが出るまでよく混ぜる。
4. 3を4等分し、手のひらに打ちつけるようにしながら空気を抜いて楕円形に形を整える。空気を含んでいると、焼いたときに、割れる原因になります。焼くと中央がややもり上がってくるので、成形のときにあらかじめへこませておきます。
5. 熱したフライパンに油大さじ1を熱し、中火の火加減で4を焼く。よい焼き色がついたら返し、ふたをして火を弱め、中まで火を通す。
*あとは、好みのソースで召し上がれ。
万人向けには、トマトケチャップとウスターソース、赤ワインを、ハンバーグを焼いたあとのフライパンで煮て、塩とこしょうで味を調えたソースです。
*つけ合わせはにんじんのグラッセや、ほうれんそうやさや豆類のソテーなどです。